小屋一雄著書「シニアの品格」

人生の後半戦における「幸福」の正体とは

高齢化が進む社会で、シニア層と若者の互いの不理解が生む悲劇はあちこちにある。「昔は俺も」「まだまだ負けない」という意味のないプライドばかりが先にたつ暴走老人に辟易とする若年層が多いのも当然だ。
では、若者に尊敬され、共に社会貢献ができ、生きがいを持って生活していくためには何が必要なのか。
“強み”の心理学をベースに、読者が主人公と同時進行で「本当の品格」について考えていくことになる、これまでにない「体験型」自己啓発本。
主人公は世界企業でキャリアを築いてきた男性。彼が定年間近で得た職場には、鼻持ちならない年下の上司がいた。プライドが傷つき、若い同僚たちに毒づく日々。家に帰れば、言葉も交わさない妻が待っている。次第に怒りをまき散らすことしかできなくなった彼が向かったのは、90歳近い老人が待つ「よろず相談所」だったーー。
「果たせなかった夢」「残された時間」「人生における役割」・・・ふたりの対話が終わるころ、それぞれに大きな変化が訪れる!

人気漫画家ヤマザキマリさんも、「二人の会話を追うだけで、自分の中に滞っていた不純物の気配が消えた。凄い!」と絶賛!

「シニアの品格」書籍情報

著者略歴(アマゾンより)

小屋/一雄
1966年東京都生まれ。三菱自動車工業株式会社を経て、サンダーバード国際経営大学院にてMBA取得。その後、AIG、GM(ゼネラル・モーターズ)、ギャラップ社などでマネジャー職を歴任。GMでは、デトロイト本社で勤務し、中国などアジア市場でのマーケット戦略を担当。ギャラップ社では、日本法人立ち上げから参画しコンサルタントとしてグローバル企業をサポートした。2009年にユーダイモニアマネジメント株式会社を設立し、現在は強みを活かした人材育成、組織づくり、エグゼクティブ・コーチングなどに従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

書籍登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/6/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093884811
  • ISBN-13: 978-4093884815
  • 発売日: 2016/6/21
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.7 cm

「シニアの品格」アマゾンへのリンク

「シニアの品格」

「シニアの品格」読者の声

新聞・雑誌から

  • 「会話を追うだけで、自分の中の不純物が消えた。凄い!」(ヤマザキマリ:漫画「テルマエロマエ」の作者)
  • 「いつも簡便な解答や結論を早く早くとただ欲し、実はもっと大切な相互理解や交流をなおざりにしてきたのは自分も同じだった。おそらく読者は本を閉じて顔をあげると、少し世界が違ってみえてくるのではないか」(朝日新聞9月18日朝刊3面「日曜に想う:政局読みに与ふる書」
  • 「最初は小憎らしい後輩をどうしてやるかで頭がいっぱいだった東条だが、老人と対話を重ねるうちに、東条の心の中で新しい扉が次々と開いていく。小説としても味わい深い自己啓発本」(週刊東洋経済8月7日号「Book & Trends」)
  • 対話は哲学的思考の基本だ。本書は59歳のプレシニアと88歳の老人が語り合う設定の人生論。ひたすら話を聞く」だけで相手が変化していくという視点がユニークだ。「であるべき」に縛られず、「生き続けること」を続けること。読後、心がやわらかくなっている」(週刊新潮)

Blogなどの投稿

  • 「私は現在72歳です。元気なシニアが、一人でも多く社会参画・社会貢献する社会が実現すれば日本はもっと元気になり、ご自身も生き甲斐を感じることが出来るのにと感じています。その意味で、『東条さんと老人の対話』は示唆に富んだものでした」

アマゾンカスタマーレビュー

  • 「二人のシニアがとてもチャーミングなのに、全編を通してずっと不思議な静けさがあり、だからこそ、最後のあたりで来る感動は深い。かなり心が震えた。自己啓発書としては、まったく新しい体験だった。どんな年代のかたにもおすすめする」
  • 「この本は美しい。装丁もいいが、内容のすべてが、温かく、優しく、厳しく、そして「美しい」としか表現のしようがない。小説でもない、小説のような形を借りた、自己啓発書、とでもいおうか。ほとんどこのふたりの人物の簡単なやりとりで話が進み、とても読みやすいが、とても、とても、とても、深い。シニアという言葉があるが、45才以上の、つまり人生の後半戦に入った人には、すべての人に読んでほしい。宝物のような本である。そして、これからもずっと読み返すことになるとを確信している」
  • 「『企業のシニア層が今後、何を求めて生きていけばいいのか?』を示すヒントとなる本ですが、それも『こうすべき』と何か諭されているわけではないのに、読み進めていくにつれて、自分の中に『自分らしい答え』が自然と生まれてくる、今までにない不思議な体験でした。またこの本は『シニアの品格』というタイトルですが、シニア層だけに読者を限定するのはとても惜しいくらい、深い知恵と感動を与えてくれる内容ですので、シニア以外の方にも是非読んでほしいです」
  • 「この本のユニークなところは、コーチ役の老人が『相談』という名のもと、実質的にはコーチングをしているのに専門的知識は知らず、それらの専門的知識は『相談』を受けたクライアントである東条が、後日、本屋で調べて、老人に教えてあげるという方法をとって、読者である我々も学べるという形になっているところです。『本物』に触れ、学ぶことができる本であり、シニア世代でなくとも、読んでみる価値、大ありです」
  • 「人としての幸せ、どう生きてどうあるべきか、中年以降の全員に読んでもらいたいくらいです」
  • 「私は50代なのでまさにこのシチュエーションにドンピシャなので全くもって文面そのものを素直に受け入れられます」
  • 「人生の上級者という目指すべきヒントをいただきました。対話を通して、様々な気づきが起こる構成になっており、その中に傾聴の姿勢や心理療法のスキルがちりばめられています。自分を振り返る上でもとても参考になりました。大きな気づきをいただいた一冊でした。感謝!」
  • 「ジーンと目がしらが熱くなりました。2人の会話を追っていたら、最後はその世界に引き込まれていました。個人的に気に入ったフレーズは、『Stop and smell the rose』」。
  • 「全力疾走ばかりしてないで、少し立ち止まってバラの香りをかいだ方がいいぞ(P142-143)という言葉です。日々の業務に追われ、刹那的に過ごしがちなビジネスパーソンにもオススメの一冊です」
  • 「『企業のシニア層が今後、何を求めて生きていばいいのか?』を示すヒントとなる本ですが、それも『こうすべき』と何か諭されているわけではないのに、読み進めていくにつれて、自分の中に『自分らしい答え』が自然と生まれてくる、今までにない不思議な体験でした」
  • 「シニア=上級職という認識(必ずしもシニア=高齢者とは限らない)で読んだほうが私は腹落ちしたので、職場の上司や部下を持ち始めた同世代の友人達にも薦めたい内容だと感じた」
  • 「リーダーとして、ビジネス書の類は啓発系、マーケティング系、帝王学、教育系など好んで読んできましたが、物語風でしかも対話で進んでいく中にビジネス要素が散りばめられていて、とても斬新だと思いました。また、やもすれば押し付けになりがちな指南書が多い中で、自分で考え理解していくという手法も新鮮で素晴らしいと感じました。